ヒーリングチャクラの詩

ヒーリングチャクラ1

全てが生まれる前の漆黒の闇。
私たちはそこを経験してきた
何ともいえない懐かしさがある。
それは少しも恐れる事のない根源の世界。
聖なる蓮は土の中から生まれる。
母なる蓮の眠る場所だ。
これは、再生のエネルギーを持つブラックベルベットの世界であり、
「イシスの息吹」
と、呼ばれるエネルギーそのものだ。
大いなるものの生命力の中に再吸収されていくような、
吸い込まれていくような。
そんな心地よさに包まれる。

***

ヒーリングチャクラ2

包み込まれる安心感。
母体の中で安全に
ただ「ある」ことだけに満たされる。
だから、我々は物質的な世界でそれを求めようとする。
そこは、YESもNOもない。
私たちは、このただ安全に包み込まれ、
YESもNOもない世界にいた記憶がある。
ここは私たちがまだ
「個」
ではない世界の記憶。
「個」になる前の最終的な段階。
蓮は聖なる水を経てこの世に現れる。
ここは、母体の中の周波数なのだ。

*** 

ヒーリングチャクラ3

私たちは、初期の段階で、
魂の記憶を手繰りその使命を遂行しようと、
自らを広げていく。
それは水に広がる波紋のように伸びやかに広がっていく。
すべての存在が波紋を広げる事によって、
自分以外の存在を感じるようになる。
そして、
それが共鳴して更に美しい波紋も作れば、
打ち消すような大きな波紋が襲ってくる事もある。
しかし、全ては、
神の計画をここで体現しようとする、ベクトルにすぎないのだ。
伸びやかに、そして、他の伸びやかさとも共鳴していく事により、
美しい波紋は永遠に広がり、
美しき大いなる波へと変わっていく。

*** 

ヒーリングチャクラ4

再び「個」を超えた世界へ再統合されていく。
我々は、「個」を体験したからこそ、
それを超えたものの構成要素が
「愛」
だという事に気づく。
この世を満たすものは「愛」そのものなのだ。
区切りや資格や地位に関係なく、
全てのものの構成要素が「愛」なのだ。
だから自らの想念により、
神の愛をケチってはいけない。
これは、物質世界の次元を超えたところに続く世界へと広がる。
「愛」という視点からその世界へ広がれば、
金色に滴る蜂蜜の中にいるような濃厚なエネルギーの世界が繰り広げられる。
ここに来るには何の資格もいらない。
ただ、この周波数のなかに身を置けば良いのだ。

*** 

ヒーリングチャクラ5

伸びやかなラインが無限に広がる世界。
私たちは、ここで神の美しい秩序の世界に気がつく。
全てのものが神の計画により、
完璧なまでに美しく存在し、
滑るように滑らかに その計画に沿って流れている。
それは完璧なまでに無駄なく美しいラインの世界。
氷の上を滑っていくように
滑らかに伸びやかにそのラインを生きる事が出来るのだ。
それは、永遠に続いていく。
ラインが交わる時、
美しい光の衝突があり、
力を得たそのラインは更に力強く進んでいく。

 ***

ヒーリングチャクラ6

私たちは思い出す。
天井画の世界がここにある事を。
「美」
という言葉以上のものは見当たらない世界。
常に光に溢れる荘厳な色で満たされ
芳しい香りに包まれる。
全ての細胞が打ち震えるような音色を奏でる音楽が響き渡り
天使の羽でそっと触れられるような軽やかさを感じる。
我々のインスピレーションは、この世界からやってくるのだ。
芸術家の愛する世界。
この世界に身を置き、
天界を見通す目を持てば、
全ての者が、芸術家であり、
この天界を体現する事ができるのだ。

*** 

ヒーリングチャクラ7

さぁ、私たちは源へと戻っていく。
しかし、その世界に気づく時、
それは常に
ここに存在するものだったという事に気づくのだ。
それは常にここにあり、
そのあまりの大きさ故に、
「無」
「空」
「すべて」
としか表現する事が出来ない。
我々はその小ささ故に、
その大いなるものに気づく事が出来なかった。
しかし、それは等しくいつでもここに存在し、
扉を開き、
我々の全てを満たしているのだ。

*** 

さぁ、小さき鎧を脱ぎ捨て、
その下に眠る神殿である
自らの身体を
この世に体現するのです。
そして、その神殿の使い手になるのです。
すべてを満たす大いなるエネルギーと一体になりながら。

 

ロゴタイプ ・マーク2

お気軽にお問い合わせください。 TEL 090-7845-9432 受付時間 11:00~21:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © ブループリント協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.