みなさま、ごきげんよう。

クラスをあげてのエーテル体鍛錬研究が続いています。

身体・心・エネルギー

の取り組みを「身体・エーテル体」から積み上げる形式です。

 

鍛錬を積み重ねる際に

「こなす」

のではなく、

「しっかりと自分に向き合い」

ながら続けていると、

身体・エーテル体・心・エネルギーの滞りに気づき始めます。

(ここはとても大切なところです。

「こなしている」のは、

いわば自分を麻痺させている状態のままですから、

筋肉や力はついたとしても内的な変容はあまり期待できません。

もちろんそれが目的であればそれで構いません)

 

鍛錬の中にはその滞りを解放するような手法も入れたのですが、

せっかく見つかった滞りをただスルーするのももったいない。

なぜなら、滞っていたところを流せば、

自分のエネルギーとして使えるし、

さらに滞りなく良い状態になっていくからです。

 

身体・エーテル体の滞りは、

鍛錬を続けることによって変容してくと思われますが、

心・感情の滞りは一手間必要です。

もしかすると、

身体・エーテル体の滞りもここから始まった可能性があるからです。

そこで使ってもらいたいのが

「YEメソッド」

ブログの一番上に貼り付けてあります。

そして、このYEメソッドも慣れてくると「こなす」傾向にあることに

気づいていらっしゃるでしょうか?

 

私たちは、ついつい慣れてくるものに対して、

無意識になりがちです。

その「あたりまえ」に足をすくわれます。

(若しくは効果が出なくなる)

しっかりと向き合い感じることが大切です。

感情の領域である2チャクラを扱うのであれば、

まずしっかりと外側から認識し、

「動いていない」「硬い」「滞っている」「冷たい感じ」etc

まず、それが変化するまで

「うんうん」「わかる」「そうだよね」「どうしてだろう?」

と向き合う。

そして、緩まって開いてきたら、

中まで意識が到達できるようになった証拠ですから、

さらに意識を中において、

2チャクラの中で

生のエネルギーを感じるのです。

2チャクラの中に意識を持っていけば、

そこに生命が宿り、実にパワフルで愛おしいことがお分かりになると思います。

最終的に至福を味わうことができます。

 

「そんな事できるの?」

出来ますとも!

ご自分の中にあるものですから。

私はセッションでクライアントの方にこのようにアプローチして、

何が起きているのかを認識しています。

 

人でもエネルギーでも

向き合うことが大切。

「慣れ」

は退化です。

老化にも繋がります。

 

エネルギーを感知したいのであれば、

慣れからの脱出がまず必要です。

 

いま、私たちがこうして生きていること、

様々な関係性の中で生活していること。

毎日、ご飯が食べられること。

動けること。

見えること。

聞こえること。

触れること。

味わえること。

今私たちが「あたりまえ」になっている事は、

全て「あたりまえ」ではなく奇跡の連続です。

 

それがなくなったときに気づくのではなく、

いつも気づいていられるように生きていたいものです。

(自戒を込めて)

 

 

 

身体・エーテル体鍛錬の主軸・土台ともなる、

初心者のための鍛錬を教えていただける

「医療従事者と初心者のためのコース」by小用先生

は、3月9日です。

すでに予想していた人数の半数の席が埋まっています。

2月末の締め切りを待たずして、

締め切る可能性がある事、ご了承ください。

 

詳細は以下リンクから。

 

 

 

 

 

 

山本ユキブログ「イシスの息吹」より転載