次回の  小用先生「地に足をつけ直す」クラス

             そして、新たに始まる自己の徹見「エーテル塾」は、

9月14日(土)蕨 開催です。

 

 

 

みなさま、ごきげんよう。

今月のエネルギーの学校は、

おそらく、普通に聞いたら

「そんな事が可能なのか?」

と驚かれる方もいらっしゃるでしょう。

第1チャクラの花弁とそのルートをエーテル体の手で確認し、

必要な修正をしていくワークをしました。

これは、

「何となく、そこにあるつもりになってやる」

のではなく、

「しっかりとした触覚認識」

で行います。

そして、

ワークする相手から

「今どの部分にアプローチしているか」

というフィードバックを細かく貰いながら行うので、

ごまかしは効きません。

これは一つ一つの花弁の壁の前後左右、奥行きまで詳細に行います。

合わせて、私からの「まだ、そこに残っているよ」というフィードバックも加わり

余すところなくお掃除します。

それはまるで「マツイ棒」(少し古いのでわからない人もいるかも)

を使ってお掃除するがごとく丁寧に行います。

 

しっかりと行うと、

骨盤内の温度はもちろんのこと、

肌の質感、体温の上昇、両脚の付き方など

当たり前に変わってきます。

 

こんなに有効な手法でも、

エネルギーの学校に来ている人で

この技術を習得したかったと思っている人は恐らくいませんし、

これだけの技術があっても

一生他では使わない人の方が多いでしょう。

間違ってはいけないのが、これは全て自己変容確認作業です。

 

これだけ詳細にエーテル体を感知するには、

・ 自分のエーテル体の質を向上させること

・ 「自分」の感情の統制

が必要です。

どこまでそれができているか、それを確認する為のものです。

 

ワークを終えた人は、

「今、自分は道のりのどこに立っているのか」

が明確に分かり、

「次の一歩はどこに進めば良いのか」

を知る事ができるようになります。

 

そして、面白い実験もしました

「自分」にこだわる事が如何にエネルギー感知や

エネルギーを動かすために邪魔になるのかを

「自分」ではない「クラスメート」にエネルギースイッチします。

すると、

受け手側も明確に「別の手」「別のエネルギー」になっている

事を感知する事ができます。

 

ハッと冷静になれば、こうした「魔法」のような世界が

「自分」がどう見られるか

「自分」は出来ない

「自分」が出来ない事が分からないようにしたい

「自分」は他の人より劣っている

「自分」はできる

「自分」は優れている

「自分」は知っている

などの様々な自己感情を手放すことによって

目の前で起こり続ける事が分かります。

 

平日クラスの方は、

一人一人のフィードバックが終わっていませんが、

来月続きを行います。

 

ますます楽しいエネルギーの学校です。

 

 

 

山本ユキブログ「イシスの息吹」より転載