重力と自分自身に委ねるということ

 

2021年 2月13日(土)中央公民館一階集会室(わら舞)
地に足を着けなおす 15:10〜

(舞扇ご持参のこと!)

医療従事者クラス・エーテル塾 11:00〜

*********************************************************************

 

地球の上では等しく重力の恩恵に預かっていると思っていました。

確かに…確かにそう習いました。

 

しかし、子どもを抱っこするとき、

眠ってしまって力が抜けている時の重さと

起きている時の抱っこの重さ

「違うよなぁ」

って思うのは私だけではないはず。

ちょっとしたボディワーク体験などでも、

「えっ、同じ重さなの!実験」

よくやりますよね?

 

力が抜けていると、なんだか重く感じるのです。

 

そして、この力が抜けている状態がエネルギー周波数移動にも、大切だと思うのです。

力が抜けていないと、

まず、重力に委ねることに専心しなければならず、

次の段階まで一手間かかります。

一生かかるかもしれません。

なぜなら、「そこ」に「力を抜いてはならない問題」

があるからです。

往々にして、それは感情・思考レベルです。

死んだように力を抜くのは大変なのです。

「実はシャバアーサナが1番難しい」

ヨガの大家からよく聞く言葉です。

 

なぜなら、私が知る限り、

死んだように力が抜けるのは、

「自分であることを諦める」VS「委ね切れるか」

の2択だからです。

死体は自分である事を諦め

小さな小さな子どもは委ね切れるのです。

 

エネルギー周波数を獲得する時、

「力を抜いて重力に委ねられる状態」

を獲得していることは必須でもあります。

 

委ねられない原因の追求といきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年の年間スケジュール

 

 

2020年のスケジュールは以下リンクから

 

 

 

team0x’s blog より転載