《気仙沼ボランティア活動のご報告》

2016年7月5~7日までボランティア活動をしてきました。
今回は一人だったので少々寂しかったのですが、4カ所の仮設住宅を訪問させていただきました。

震災から5年経った今、仮設住宅では変化の時を迎えています。
新しい家を建てて引っ越される方、徐々に完成している集合住宅に引っ越される方、そしてこれから統合される仮設に引っ越される方など、それぞれのご事情で変化を余儀なくされ、不安を抱えながら落ち着かない毎日を過ごされていました。

そんな中ヒーリングを受けてくださった方が、「経営していたお店を全て流されてしまったけれど、また1から出直しよ。こんな事でもなければ私は大奥様よ。」と言いながら、72歳というお年にも関わらず新たなお店を出し、お世話好きが高じてお年寄りの相談相手のボランティアをしたりと、日々忙しい毎日を過ごしていらっしゃるそうです。

普通に生活していようと、どのような状況に置かれようと、基本はその人の生きる姿勢にあるではないでしょうか?
人間には生きようとする力が備わっていて、何かトラブルがあってもそこから這い上がる力があるのだと思います。
その為にも、如何に心身が健康であるかが重要で、ますますヒマラヤンヒーリングを皆さんに体験していただきたいとおもいました。

また、初めての仮設住宅にもお邪魔したのですが、最初はうさん臭い感じで対応されていたのですが、初めのお一人のヒーリングが始まると、途端にその場の雰囲気が変わり始めます。終わる頃には旧友に会ったかのような親密さになります。

チャクラ7の威力は本当に素晴らしく、その場にいる皆さんを和ませてくれます。また、ヒーリングしていてもさくさくと身体の流れが良くなります。
ユキさん、いいものを作っていただいて本当に感謝しています!

 

IMG_1473