18日に目黒不動にて
 
「更年期エネルギーの活用法と40代からの終活」
 
についてお話しさせていただきます。
 
 
 
「更年期」は、女性特有のものだと思われているのですが、
 
男性にもLOH症候群 (late onset hypogonadism syndrome)
 
というテストステロンが減少する更年期症状があります。
 
40過ぎて原因不明とも思われる心や身体の状態に
 
悩まれている方も少なくないと思います。
 
 
 
男女ともに40前後になると、
 
身体や心やエネルギーの状態に変化が現れ始めます。
 
「変化」に対して私たちは 「恐怖」を覚えます。
 
ですから、余裕のある文明国ではアンチエイジングが盛んなのでしょう。
 
「いつまでも若い状態のままでいたい」
 
誰もが思うことです。
 
しかし、私たちも実は生きている自然の一部であり、
 
私たちの身体は、
 
生まれて、成長し、成熟し、枯れて、彼方に旅立つ
 
というサイクルから抜けることはできません。
 
昔に比べて外見は驚くほどに若く見える現代人ですが、
 
身体の機能的には、以前と変わらずに折り返し地点がやってきます。
 
この心と身体、外見が拮抗する状態は、
 
エネルギー的には滞りを起こしますので、
 
様々な視点から自分がいる位置を確認する必要があるように思われます。
 
そして、この確認作業と自分という存在の一生を見つめ直すことは、
 
実は、自分の人生をいかに終えて行くかという終活とも深い関わりがあるのです。
 

 
 
9月18日15時〜目黒不動尊においてのお話会情報
 
 
 
 
 
 
山本ユキブログ「イシスの息吹」より転載
(はてな)http://yukiyamamoto.hatenablog.com/entry/2017/09/06/081442