マスタープラクティショナーの東川良子さんが御祖母さまを見送られました。
その時の報告です。

============================

祖母が彼方へと旅立ちました。

92歳でした。

数年前から認知症を患い、施設に入ったあたりで、私のことはもうわからない様子でした。

 

死への恐怖とこの世への執着を手放し、

苦しまず穏やかに移行できるようヒーリングをしてあげたいと思いつつ、

なかなか実現できず。

そろそろとの連絡を受け、予定をキャンセルして新幹線に乗りました。

 

到着すると祖母は眠っていたのですが、「はっ、はっ」と苦しそうな呼吸。

母にしばらく部屋から出てもらいます。

ヒーリングといってもヒーリングチャクラ7のスプレーを順番に吹きかけるだけ。

死が近い場合は、一番高い周波数の「7」から「1」の順番で。

すると、先ほどまでの苦しそうな呼吸から穏やかな呼吸に変わりました。

そこで母が部屋に戻ってきて、「なんだか呼吸が穏やかになったわね。」と言っていたところ、息をしていないことに気がつきました。

まさか、そんな展開になるとは思いもよりません。

 

魂が肉体から離れる瞬間を見守る、そんな不思議なお役目でした。

チャクラ7の「7」のスプレーをたっぷりすると、祖母はとても心地よかったのだと思います。

 

その15分後に、叔母が合流。

きっとまだ声は聞こえるから、何か言ってあげてと伝えました。

 

 

こんな貴重な体験をさせてくれた祖母に本当に心から感謝です。

 

死を迎える人のエネルギーって、こんなにも穏やかなんだなあ、と。

祖母の場合は、ですが。

とてもお肌が綺麗で、美しい亡骸でした。

 

祖母に「まっすぐ大きな光に向かってね」と伝えることができました。

 

 

実感がまだわかないのか、

悲しいというよりは、

すっきりと青い空のような晴れやかな心持ちです。

 

 

母が帰ってきたら、ヒーリングしてあげようと思います。

 

 

東川良子