2週続けてお稽古の集中講座があり、

「エネルギー観察」が大好物の私は、

その場が、

が非常にユニークな多層構造にわたるコミュニティである事を

再確認する機会にもなり、

その芳醇な恩恵を受けることができました。

 

非常に興味深く感じたのは、

そこには圧倒的な身体的ヒエラルキーと同時に

惜しみない交換がなされているという事です。

そして、その縦軸と横軸からなる素材を

小用先生が多次元に構築されていくような面白さがあります。

(エネルギー的にも!)

 

縦のラインでは、

小用先生という「神的」存在がいらして、

先生のデモは、

「神レベル」でスッと場が変わり、

エネルギー質量が目視できそうなほど。

おぉ〜っと見惚れてあっけに取られて我に返り、

「ため息しか出てこない」という感じ。

 

そして、見上げれば遥か彼方を歩いていらっしゃる先輩方のレイヤーがあり、

武術に関しては門外漢の私や、

初めて参加された方もいらっしゃいます。

こうした多層にわたる参加者が同じ課題に取り組むのですから、

相当に大変なことかと思われます。

何十年も心身共に真摯に取り組まれてきた先生や諸先輩方と、

身体の使い方や内圧以前に、

まずは、

「右手で3拍子、左手で4拍子」

ならぬ

「足で3拍子、手で4拍子」

みたいな手順を覚えるのが精一杯な初心者。

(しかも、次の事を教えていただくと、

前のことを忘れる私・・・)

 

しかし、ここで全てのものに救いの手が差し伸べられるのでした。

ここで登場するのが横のライン。

様々なレイヤーの先輩(玉木女史含む)が相対稽古によって

丁寧に手順や身体の使い方を教えてくださいます。

ここで伝達されるのが、手技だけではなく、

諸先輩がたの「在り方」

それがエネルギーで伝達され、

先生と育まれていらした長い道のりが伝わってくるように思います。

物覚えの悪い私ですから、

お手すきの先輩を見つけては、教えていただきます。

お一人お一人の背景にこれがあるのですから、

この数時間で伝えられるエネルギーの芳醇さは圧倒的です。

(しかし、「教えてください」と言えるようになったのは最近になってからということを追記させてください)

そして、

そうした全体を見渡した先生が、

初心者にも分かるように練功法を次々と繰り出し、

ググッと隙間を埋めてくださるのです。

 

 

何よりも素晴らしく思うのは、

一生かけても辿り着けない先生や諸先輩方までの道のりが、

その場にレイヤーになって存在していることが可視化出来るということ。

内的な部分においても、

荒削りの石が時を経て、角のない石へと変容していく有様が

そこに提示され、

「心の器となる身体」

が生まれていく様子を深く感じました。

 

遥か先に続く道があることを確信できる事ほど

生きる喜びを感じることはありません。

 

 

コミュニティとは、

様々な視点を持つ多様な人たちの中で

知識や個人的な鍛錬では知りようもない

「自分が”知らない”ことに気づかない」

状態に気づき(内外ともに)、

こうしたコミュニケーションによって自分の中の多様性に繋げていかれる事こそ、

真の喜びであり、エネルギー的な自己成長ではないだろうかと思うのでした。

 

 

 

 

 山本ユキブログ「イシスの息吹」より転載
http://yukiyamamoto.hatenablog.com/entry/2018/09/26/102701