みなさま、ごきげんよう。

快晴が続く気持ちの良いお正月でしたね。

 

私はこの三が日、

どこにも行かずひたすら

「カラダとエネルギーの鍛錬とレポート、文献を調べる」

を繰り返していました。

カラダとエーテル体の相関関係の面白さに嵌ってしまったからです。

エネルギーの感覚の伝達は難しく、

エネルギーの持つ周波数をお伝えするのも大変ですし、

エネルギーの質量、密度、濃度はさらに大変かと思います。

しかし

形態を整えることによって、

エネルギーの質量、密度、濃度が

「あたりまえに変化を始めるのだ!」

ということをお稽古8年目にして実感しています。

 

エーテル体を甘く見ていました。

これを知った今、それまでの私のエーテル体は「霞」程度

であった事に気付きました。

エーテル体を強化することは、

次なるエネルギー体の強化にもつながり、

この土台作りは、

「机上の空論を現実化していくためには必要不可欠」

であり、

今まで私が使っていたエネルギーはまだまだ入り口に過ぎなかったことを

実感していると同時に、

あまりにパワフルなこのエネルギーを使うにあたって、

細心の注意が必要なことも身をもって確認中です。

 

様々な扉が開くことによって出てくる

「私」(と思っているエゴイズム)

との折り合い、

エネルギーが変化することによってその部分は常に冷静な選択が迫られます。

 

そして、

あまりに三が日に集中して行い過ぎたために、

4日目に起き上がれず・・・

四半世紀前によく倒れた時と同じ状態となり、

「このまま死んだら、どうなる?・・・まぁ仲間が紡いでくれる。大丈夫だ」

との見解に達しましたが、

諦めきれない方は、ここも障壁となりますので、

みなさまは、少しづつご自分のペースで行いましょう。

 

しかし、四半世紀前に足を踏み入れたエネルギーの世界のアップデートが、

ちょうど四半世紀巡って訪れる事に

壮大な時の流れを感じます。

次なる扉が開きました。

 

そして、曖昧だったエネルギーの世界が

より多くの方々に少しでもご理解頂けるようになり、

更には、お役に立てる様に。

一歩づつ歩んでいる手応えを

カラダでエネルギーで感じつつ今年も歩んで参ります。

 

こうして、あの謎のピラミッドの中に入れた「新たな願い」は、

どんどん叶っていくのでした。

 

 

 

 

 

山本ユキブログ「イシスの息吹」より転載
http://yukiyamamoto.hatenablog.com/entry/2019/01/05/093352