4月11日(土)15:10〜16:45 地に足をつけ直す

                             11:00~14:30  医療従事者・エーテル塾合同クラス zoom配信あり

*************************************************************************

今月のクラスは、zoomで遠隔レッスン開始。

エネルギーの学校開始以来、最も疲れるクラスになるとは、

私も想像もしていませんでした。

 

遠隔ワークを教えた事はなかったですが、

「イメージの世界に始まりイメージの世界に終わる遠隔」

ではなく、お伝えしたいのは、

「しっかりと身体に効かせる遠隔」

です。

 

まず、

遠隔に必要な三要素のうちの2つ

エネルギーフォース

アストラル

についての座学。

その後、

今月の「地に足をつけ直す」

で教えていただいたフォームを参考にして、

「如何にエネルギーフォースを足元から指先に伝えていくか」

これを時間をかけてじっくりと検証しつつ、鍛錬しました。

zoomは、エネルギー状態を明確に伝えてくれる素晴らしいツールです。

誰がどのような状態で取り組んでいるかを画面分割で均等に見られるのと、

周りのエネルギーの影響を受けて底上げされない

一人一人のエネルギー状態を見られます。

 

先ずは自分のエネルギー体を使って実験。

全員が漏れなく、自分のエネルギーフォースを使って左右の違いを出す事ができました。

ここで大切なのが、

絶対にイメージを入れない事。

ただただ踵に留まり、淡々とエネルギーフォースを流すだけで、

明確な違いを出す事が、

エネルギーの学校の遠隔の基礎になります。

これがしっかりできれば、

後は必要な周波数を乗せていけば良いのです。

しかし、

しっかりと地に足つけた状態を維持したままエネルギーフォースを流し続ける

という事が如何に難しいことか。

全員グッタリです。

 

翌日は、下位メンタルの説明から入り、

脾臓、肺、頸椎(平日クラスのみ)

まで。

土日クラスは、

「もう、足が無理です」

とのご意見に、

少しは楽と思える、

肉体・エーテル体とアストラル体のリーディング100本ノック。

これはこれでずっと集中を切らさず、

その周波数に居続けなければならないので、

相当に疲れます。

 

いずれのクラスも本当にお疲れ様でした。

zoomクラスがこんなに肉体を酷使するとは…

 

しかし、COVID-19がなければ、遠隔を教えようと思うこともなかったけれど、

今後、遠隔がエネルギーワークの有効性の可否を示してくれるものとも言えるので、

しっかりとお伝えしたいと思います。

 

 

***************************

 

[今後の予定・お知らせ]

 

「地に足をつけ直す」

 4月11日(土)15:10〜16:45 地に足をつけ直す

                             11:00~14:30  医療従事者・エーテル塾合同クラス

 

4月以降のスケジュール

4月以降第2土曜日11時〜は、医療従事者クラスとエーテル塾合同クラスとなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

team0’s blog より転載