お知らせ
12月の医療従事者クラス・エーテル塾は、
12時までが中央公民館 講座会議室
12時からが集会室
になります。(「わら舞」でお待ちしております)
途中、休み時間を入れて場所移動をしますので、よろしくお願いいたします。
地に足をつけ直すクラスは、そのまま、中央公民館集会室 になります。

 

::::::::::::::::::::::::

今月の地に足をつけ直すクラスは、

先月に引き続き

通常の足の概念を覆すような手法の訓練をしました。

このお稽古から見ていくと、

ハラという概念が、

なんと人間の未知なる可能性をパッケージしてしまっていたかと気付かされます。

ハラってどこよ?
そこは足でしょ?

(できているかどうかは別として)

 

しかし、この手法であれば、

本当に確実に足と地面は確実に揺るぎない状態を保てるはず。

そのお手本が、先生ですから。

 

今回も感激しきりであっという間のクラスでした。

 

:::::::::::::::::::::::::::::::

 

医療従事者クラス・エーテル塾は、

YEメソッド2.0に突入しました。

 

YEメソッド1.0は、主にクライアントの方に向けてのメソッドでした。

通常の生活を営む中でご自分の感情に振り回されてどうしようもない場合お使いください

とご提示してきました。

セッションに来なくてもご自分で歩くことができる杖のようなものです。

 

そして、今回お使えするのは、

身体ワークやエネルギーワークを交えたちょっと上級者向けのメソッドになります。

ですから、YEメソッド1.0を飛ばしてはいけません。

エネルギーワークが入るので、

ご自分の感情が純化されている必要があります。

 

YEメソッドを始めてから自分の中でも随分熟れてきました。

生きている限り自己感情は沸き上がってくるので、

そこにさらに磨きをかけて使いやすく、

さらに高い周波数と繋がりやすくなったメソッドになりました。

 

みなさまの難しいところは、

感情が湧いてきた時に、そこから離れることだと思います。

感情の作り上げてきた物語と赤い靴ループの中に巻き込まれ、

出口が見えないほどの状態が続いてしまうことなのではないかと思うのです。

 

これを解決するには多くの方の場合、

「時間」

を必要とします。

これには数ヶ月、数年かかってしまうこともザラにあります。

 

 

そこで、2.0では身体ワークを使います。

「地に足つけ直す」クラスで行っているワークは、

一時的にでも感情の作り上げた赤い靴ループ物語を脱することが可能になります。

 

これはどういうことかご説明すると、

足をお椀型にして、骨盤水平を作り、

さらに脊椎のカーブがスッと下方に向かって落ち

自然に胸がおさまっていくという試みをすると、

意識が足の方に降り始めます。

そして、この状態を数分間保つことによって、

周波数が感情の領域から身体の領域に移るので、

感情の作り上げた赤い靴ループ物語から一時的に脱することができます。

この状態で、2チャクラメソッドを始めます。

この状態であれば、

骨盤内の熱感を感じることも容易くなると思います。

 

 

 

自己感情をフリーエネルギー化したところで、

次なる作業に移ります。

 

このフリーエネルギー化についても、いくつかご質問がありましたが、

フリーエネルギーは、
要は「空」の状態に近づけば近づくほどに、

潤沢に存在するエネルギーが呼応し始めるということです。

 

 

「それはなぜ起きたのか?」
俯瞰した状態で分析していきます。

一足飛びではなく、一枚づつ感情のヒダを開いていくのです。

結果ではなく、プロセスにこそ大切な要素が隠されています。

スキップせずにじっくりと取り組まねばなりません。

 

そして、ここでも自分の作り上げた物語(エネルギー体にもなっている)

グラマー

イリュージョン

の姿が見えてくるでしょう。

 

 

今回は、意識の中心のポイントを見つける実習
そして、そのポイントを実際に身体のあり方によって移動させる試みをしました。

 

次回は、今回できなかった性格構造論のアストラル・メンタルによる側面
そして、1チャクラの実習に入ります。

 

何人かの方から、1月に実習クラスをしたいというリクエストがあったので、
1月9日〜11日
で実習クラスをする方向で動いてみます。

 

 

 

*********************************************************************

 

2020年のスケジュールは以下リンクから

 

 

 

 

team0x’s blog より転載