2017年9月18日(月・祝)開催の
「更年期エネルギーの活用法と40代からの終活」講演会にむけて
講師山本ユキからのメッセージです。

===================================

この写真は、触れるチャクラクラスの最終日。
表紙の女性ステキでしょ?
クラス最終日は、
6年前に彼方に旅立った
この温井さんのお誕生日でもあったのです。
(旅立たれた時 奇しくも今の私と同い年でした)
仕事柄、旅立つまでお付き合いする事が多いのですが、
温井さんが旅立たれた時は、
「もっと何かできたのではないか」
「食い止める事が出来なかった無力感」
など様々な後悔が残り、
その想いを「箱の中」にしまい続けてきました。

 

私の左にいる匂(サギ)ちゃんは、
今年になり、
偶然にセッションに来てくれて、
今回のクラスにもご参加下さったのですが、
(後になってわかったのですが、
またまた偶然にも理紗子がインターンをした時の上司でもありました)
彼女の後ろに温井さんを感じ
「温井さんてご存知?」と伺うと
「上司でした」
との事。
はじめて温井さんの想い出を共有する事が出来たのです。
(この偶然ミラクルですよね

 

クラス初日、
この「グラッツィア温井さん特別号」
をお持ちくださいました。
(温井さんグラッツィアの編集長でした)
読ませて頂くと、
6年間箱の中に押し込めていた想いが溢れ出しました。
ラベンダーが苦手だった事。
永ちゃんがお好きだった事。
トレンチコートを誰よりも颯爽と着こなされていた事。
病室に箱買いした人参を持ち込みジュースを作っていらした事。
そして、6年目にして
初めて 泣く事ができました。

 

6年の間に
私は父をはじめとして
多くの死に立ち会い、
そして、
ヒマラヤでは死の教えを学んできました。

 

「もしも、6年前に今の私の経験があったなら
もう少し違う送り方ができたのではないか」
そう思っている私に、
温井さんは
「その事を多くの方にお伝えして」
そう仰っている気がします。

 

匂ちゃんが
大切にしていた温井さんの形見。
温井さんが生前パリのCHANELでオーダーして一回も手を通す事がなかったドレスを
持って来てくださいました。
9月18日に行われる講演会
「更年期エネルギーの活用法と40代からの終活」(2枚目の写真をご参照ください)
では、このドレスを着て
温井さんに伝えたかった
「ステキな人生の終い方」
についてお話し出来たらと思っています。

 

お時間ある方は、
是非、足をお運びいただければと思います。
当日は目黒不動尊の観音様の縁日。
境内をご案内して頂き、護摩祈願もあります。
また、刀禅の小用先生に許可を頂き、
更年期以降のケアにも有効と思われる、
舞扇のご紹介もさせて頂きたいと思っています。
短い時間ではありますが、
沢山のことをお伝えできたらと思っています。

==============================

9/18 山本ユキ講演会の詳細はこちら