2018年3月に行った気仙沼ボランティア活動のご報告 その2、です。 

=================================================

3/24.25は気仙沼にてヒマラヤンヒーリングを行わせて頂きました。
今回は少し間が空いての訪問でした。
当初よりは、仮設住宅もだいぶ減った印象です。
街は新しい建物で活気もあるなぁと、限界集落住まいのわたしは感じるのですが、ずっとそこで暮らしている方々の感想は違うものかもしれません。

来て下さる人はいるのかなーと少々心配でしたが、2日間で6名の方に受けて頂きました。
人数と時間の関係により、ゆっくり、時間をかけて向き合う事が出来ました。
感情を吐露される事はないのですが、身体が話す声を頼りに行わせて頂きました。
“一期一会”
・どこまで、集中できるか。
独りよがりにならず、クライアントさんを感じながら行う。
・俯瞰

どれも、まだまだまだまだ∞です。
それが、今回の収穫でした。

これからも、受け入れて下さる限り訪問を続けて行きたいと思います。
気仙沼の活動を支えて下さる村上さん、地域の皆様、
同志の皆様、今後ともよろしくお願い致します。

武田律子