今月は、
「アストラルのレベルとメンタルのレベルのエネルギー質感を掴もう」
という意図で行われました。
デモでは、
アストラルレベルで作るエレメンタルとメンタルレベルで作るエレメンタルの違いによって、
どのようにクライアントに変化を起こし、
何が変わるのかを検証しました。
 
2日目に行った、肉体から周波数の異なる自分のエネルギー体を分離させ、
離れている相手に異なった周波数のエネルギーを流すという試みは、
「うまく出来るだろうか?」
と心配しましたが、
両クラス共に概ね成功し、
よく考えるとこんなにも大人数でこの様なワークを行うのは、
前代未聞ではないかと思います。
非常に高度なワークです。
多量のエネルギーを使うので、
調子の悪い人は行うことはできません。
また、安全な環境で行わなければならなりません。
 
このワークをすることの意図は、
「自分は肉体だけの存在ではない」
ことを実感してもらうためです。
私たちのエゴイズムの大きな要因は、
自分がこの肉体だけの存在だと思っているからに他ならない様に感じます。
もしも、この肉体が器であり、
未だ本質に気づいていないことが明らかになれば、
こんなにもパターン化した自分に固執しない様に思います。
 
この実感ができるとYEメソッドもさらに次の領域に進むことができます。
 
 
1日目
講義
1 エゴイズムについて
2 不調の原因(魂とのズレ)
 
ヒーリングデモ
  アストラルで作るエレメンタル
  思考で作るエレメンタル(エネルギーギプス)
 
YEメソッドの次の段階
  感情の処理をした後、思考のエレメンタルを作ってシールドする作業。
  薔薇の花を双方に贈る(許しの作業)
 
2日目
1 トーラスベルト実験報告(平日のみ)
2 硬結の絵
3 節制パスワークの絵
4 実習 
  自分の肉体をエネルギー体を分離させる
  1 肉体からエネルギー体を抜け出して自分の足を触る
  2 肉体からエネルギー体を分離させて(アストラル・メンタル)
    ペアとなった相手の足に触れてエネルギーを流す実習
5 土日クラスは、災害後のケアに使える足のラインの再構築を行いました。
 
今月の宿題
1 蜘蛛の糸(光の手も)を読み込んでおく
2 硬結の絵
3 トーラスベルト実験
4 眠る前の1日のエゴイズムチェック
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

山本ユキブログ「イシスの息吹」より転載
http://yukiyamamoto.hatenablog.com/entry/2018/08/27/144430