次回の  「地に足をつけ直す」

             「医療従事者エーテル体クラス」は、8月10日(土)開催です。

 

「折りたたまれたもう1つの自分」に、

実は、私たちは薄々気づいているのだと思う。 

 

もしも、ポジティブシンキングという手法で感情を麻痺させているのであれば、

それは身体の不調やエネルギーの不調として感じているのではないかと思う。

そして、それは折りたたまれている事を深い部分で「知っている」からではないだろうか?

 

エネルギーの観察をすると、

一番エネルギーが折りたたまれている人は、

「ポジティブ思考」

「キチンとしています」

「しっかりしています」

 

または様々な知識によって鎧化を進ませている事に気付かない

「知識による強化鎧装備をしている人」。

実は、これがとても多い、

一生懸命に歩を進めているつもりでも折りたたまれた自分からは遠ざかる。

学んでいる時は折り畳んだ自分を見なくて済むベクトルに向かうので、

隙間なく中毒のように次から次へと学ぼうとする。

もちろん、知識を身につけることも大切だけれど、

その前に自己感情を徹見しなければ、知識を入れれば入れるほど知識の鎧で強化される。

そしてある時、知識が大量の絆創膏であったことに気づく。

私もそうだったけれど、これを読んで「痛み」を感じる人は多いはず。

もはやそこから抜け出して、日々鍛錬し、自分に取り組むことしか、

「沼から抜け出す」

ことは出来ない。

 

YEメソッドで感情の徹見の後に、

広い視野からの思考(俯瞰)のレッスンがあるけれど、

ここにはもちろんより広い知識も必要になる。

しかし、知識はあくまでツールであって、

思考ではない。

この思考は情動を含んだものでもない。

より広い知識や視野から最良のものをより高い自己が選択する。

感情は全く静まりかえっている。

「愛よね」とか「みんな頑張ろう」という情動起動にはならない。

本当の愛とはエネルギーであって情動から生まれるものではないと思うから。

どんなに良い行いと思われることをしていても、

それが情動から生まれている限り、アストラルの域を出ない。

 

さぁ、今日も静かな心で1日を過ごしましょう。

 

 

 

 

****************************************

 

次回は、8月10日(土)阿佐ヶ谷にて

午前中10時〜は「医療従事者エーテル体クラス」

夕方16時〜18時は、小用先生による「地に足をつけ直す」クラスを開催します。

お申し込みは、

ky.yamamoto(☆)nifty.ne.jp

((☆)を@に変えて下さい)

まで、お願いいたします。

 

会場 : 阿佐ヶ谷 杉並区 産業商工会館

              https://www.city.suginami.tokyo.jp/shisetsu/sangyo/shoko/1007450.html

 

 

 

 

 

山本ユキブログ「イシスの息吹」より転載