お知らせ

11月9日(土)15:10〜  小用先生「地に足をつけ直す」クラス(蕨中央公民館 2階 体育室)

          11:00〜   エーテル塾(蕨中央公民館 2階集会室)

お申し込みは、

yuki(アット)yukiyamamoto.info まで。

(アット)を@に変えてください。

 

11月  9日(土)エーテル塾

12月14日(土)エーテル塾

  1月11日(土)医療従事者クラス

  2月  8日(土)医療従事者クラス

  3月  7日(土)エーテル塾

*****************************************************************************************

 

今月のエーテル塾は、

まずご質問を受けるところから始まりました。

地球上で実際にアストラル色の濃い土地やシャーマニズムについて、

沖縄のシャーマニズムについて。

そこに存在するエネルギーについて

などお話ししました。

 

そして、

ヒューマンエネルギーフィールド(HEF)と

アストラルライン、ヴィンテージラインの次元の違いを図解してご説明しました。

トラウマや事故でHEFに何が起こるのか、

肉体を取り巻くエーテル体ダブルとこの世に張り巡らされているエーテルについて

それを取り巻くアストラル体について

コーザル体について

「香り」の様相について

(アストラルワークをするのに適した香りと、アストラルを変容させる香りの違いを体験)

パッケージになっている宗教・修行・ワーク・手法の限界と、

それを超えて自らの本質に向かうという抽象認識の話

 

その後、今回は

ナムカイ・ノルブの「虹と水晶」

第2章 ゾクチェンの教えとチベット文化

を使って声のエネルギーチェック。

ゾクチェンの説明と身・口・意の説明

声のエネルギーの重要性について

 

今回は、

声のエネルギーの変化によってのラポールがいかに変化するかの実験を

ペアになって行いました。

エネルギー変化によって、

如何に目の前の相手が受け入れ態勢を作ってくれるか

交流が生まれるかがよくわかった様です。

テクニックではなく、自らのエネルギー変化によって、

全く違う世界が開けて来ます。

 

自分を変容させることによって

少しづつエネルギー変化を起こせる様になっている様に思います。

来月もまた少し先に進みましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

team0x’s blog より転載