5月9日(土)15:10〜16:45 地に足をつけ直すは状況判断になりますのでお待ちください。

                         11:00~14:30  医療従事者・エーテル塾合同クラスは恐らくzoom配信です。

*************************************************************************

今日お話しするのは、

ダスカロス的なエレメンタルを扱うワークの話なのですが、

昨年の日記を読むと、

(私は自分のエネルギー的な気づきを綴る10年日記をつけています)

ちょうど、昨年の今頃「内なるエレメンタル」を絵に提示するワークをしていました。

もの凄く昔におこなったイメージでしたが、

1年しか経っていないのですね。

このワークを行なってからの

エネルギーの学校のメンバーの成長はそれぞれに素晴らしく、

変容が進んだ事を思い返しています。

 

自分の書いた絵を改めて見直してみました。

1枚1枚向き合っていくと、

昨年、絵の上に提示したエレメンタルによって動いたなエネルギーの動きが変化しています。

覚えているのとは全く違う新しい動きになっているのです。

昨年は1枚目に提示したエレメンタルが1番エネルギーを放っていたのですが、

今見てみると、

最後に書いたものが1番内部のエネルギーを動かすのです。

ちなみに1番目に書いたものはとてもエネルギッシュでパワフルなものでした。

そして、枚数を重ねるごとに透明感が増していました。

この進み方が正しいわけではなく、

自己変容ですので、

一人ひとりのこだわりがエレメンタルを外側に提示する事によって、

綻んでいく感じです。

 

自分には毎日付き合っているので、

その変容具合を確かめるのは難しいけれど、

こうして、エレメンタルを絵という形に残しておくと、

自分の変化を客観的に観察する事ができます。

 

多くの人は

「自分を知る」

為に、他者からの意見を求めるけれど、

本当に「自分を知る」事ができるのは、

自分を深く掘り下げる以外にはなく、

また、自己変容するにも、

自分の深層を探る以外には無い様に感じます。

 

 

この連休中に、

是非、今の自分の中にあるエレメンタルを絵の中に提示してみてはいかがでしょうか?

今の時点でも、

数年後にも

様々な発見があると思います。

 

方法

・自分の中の硬結(滞っている場所)を探す。

 これは、肉体的なものでも心理的なものでも構いません。

・手をあてらる場所であれば手をあて、そこに存在するエネルギーに意識を向けてみる。

・色・大きさ・形などそこからイメージできるものを少しづつ自分の手を通して紙の上に置いていく。

・硬結のあった場所が、手を当ててみて変容しているかどうか確かめる。

・自分が納得できるまでこれを繰り返す。

・完成したと思ったら、それを自分の前に置いて、そこにエレメンタルエネルギーが立ち上っていれば終了。

私たちの中には様々なエレメンタルが存在しています。

その、ひとつづつにアクセスし、

ひとつづつを提示する事によって見違える様な変容が促されます。

 

注意事項として、

・絵を描く行為に溺れない事

・絵を「物語」にしない事

・途中で硬結の状態をチェックし続けながら行う事

・途中で絵を自分の前に置いてみてエネルギーを確かめる事

・自分のペースで行う事

・通常から自分の感情・心理状態を一人で維持できない人は控える事

これは自己変容のためのワークであり、

心理状態を軽減させるものではありません。

地に足の着いていない人が行うと、

物語の中に入りがちなので、

「足が浮いてきた」と思ったら、しっかりと身体を動かしてから行いましょう。

 

変容のワークでありながら、

絵を描く行為

をすることすらエレメンタルが主導する作業になりがちだという事を常に念頭に置いてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

***************************

 

[今後の予定・お知らせ]

 

4月以降のスケジュール

4月以降第2土曜日11時〜は、医療従事者クラスとエーテル塾合同クラスとなります。

 

 

 

 

 

team0x’s blog より転載