11月のエネルギーの学校

 

お知らせ
12月の医療従事者クラス・エーテル塾は、
12時までが中央公民館 講座会議室
12時からが集会室
になります。(「わら舞」でお待ちしております)
途中、休み時間を入れて場所移動をしますので、よろしくお願いいたします。
地に足をつけ直すクラスは、そのまま、中央公民館集会室 になります。

*********************************************************************

今月のクラスは、

先月の乳児期の写真のワークによる1ヶ月の変化を見ながら、

一人一人のエネルギー状態をチェックすることから始まりました。

その後、

トーラスベルトを使っての人体のトーラスエネルギーの循環を確認しながらお稽古。

トーラスベルトは、エネルギーの流れのみならず実際の身体感覚も変容させます。

2日目は、

土日クラスは、ご自分の土星と乳幼児期のエネルギーとの対峙を。

その後、自分の中に残存しているエレメンタルの処理作業。

これはアストラルの領域で行いますが、

非常にパワフルなエネルギーが返ってきます。

私たちは誰でも、

過去のエレメンタルを自分のエネルギーフィールドに持ち続け、

そこにエネルギーを注ぎ続けているのです。

また、自分の凍りついたピースを現場に残したままにしているのです。

いずれにせよ、

どれだけ無駄なエネルギーを過去に費やしているのか、

このワークをするとお気づきになると思います。

肩の重みや胸の滞りは、「誰か」「何か」のせいではなく、

ご自分が握りしめていたアストラルの遺物なのかもしれません。

平日クラスは、この時間をたっぷりと取りました。

アストラルの状態で2時間近くワークに集中できるようになったことは素晴らしいことです。

 

このワークによって、

エネルギーの流れや、滞りが解放され、

より健やかな状態が戻ってきます。

これは暫く続けていく必要があります。

そして、戻ってくるエネルギーの大きさに驚かれるでしょう。

 

それにしても、
このところ鉄壁のリジット達がホロホロとエネルギー変容しているのは

本当に素晴らしく、

ホッと一安心しています。

 

宿題は、引き続きエネルギーを取り戻し、

そのエネルギーの変化を追うこと。

トーラスベルトを利用したお稽古です。

 

 

 

 

2020年のスケジュールは以下リンクから

 

 

 

 

 

team0x’s blog より転載