9月18日15時~目黒不動尊においてのお話会情報

更年期エネルギーの活用法と40代からの終活

ご自分の出生図をご覧になりたい場合は、

astro.com

こちらで無料でご覧いただけます。

 

 

その声が聞こえたのが、

おそらく2005年。

それから、クリスチャン・ジャックにハマり、

数千年前の世界に思いを馳せました。

山岸涼子の「イシス」では、

イシスが息を吹きかけるたびに老いていくので、

「えぇ、このエネルギーを使うと老いていくの?😭」

と少々うろたえました。

(実際には自分も細胞レベルで活性化される)

 

また、話が広がっていきそうになりました(汗)

エジプトシリーズはまた別の機会に。。。

 

要は前述したように、

陰陽、光と闇などの二極分類(?)を見てみると、

現代社会において、光、陽の部分の受け入れ態勢はあっても、

陰、闇等は同等に見ることがなかなか難しいように思えます。

私は一つの階層を越える時に、

薄い膜のようなものを感じるのですが、

現代社会の陰陽には膜というよりも厚い壁があるように感じます。

本当にそこに壁は必要なのでしょうか。

 

古代エジプトにおいて

1は数ではなく分極していないエネルギーであり、

全てなるもの。

イシスの数は2であり、

多様性、変容、受容、水平の力。

完全なるものから放出されたエネルギー。

宇宙における女性原理として、

創造された宇宙を受胎して生み出す母体なのです。

「イシスの息吹」のエネルギーを

しっかりと味わってみると、

非常に深い味わいがあるのです。

まるで子宮の中に戻ったような甘い安心感と回帰感

そして、その中に光があることがわかります。

それは、闇によって打ち消されるようなものではなく、

深く奥底からの根元の光に結びついているようなのです。

そこには、二極性は見当たりません。

否定するのではなく、

ありのままのエネルギーを感じた時、

二極は消え去り、

むしろ、より大きな全体性へと向かうように思います。

 

 

 

山本ユキブログ「イシスの息吹」より転載
(はてな)http://yukiyamamoto.hatenablog.com/entry/2017/09/14/210855
 (ココログ)http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/118477/106167/88084561