ヒマラヤから戻ってきてからの左右のバランスは未だ気になっていて、
毎朝、様々な調整を試みているのですが、
未開拓な面白い素材であるカラダをエネルギーと融合させていくと、
本当に面白く、
「なぜ今までやってこなかったのか」
と、愕然とします。
 
細胞レベルのアライメントを行った周波数はエーテル体レベルなのですが、
カラダの中で滞っている部分の要因を見ていくと、
肉体、エーテル体レベルだけでは「カタがつかないw」ものがあります。
そこで、ふと思いつき各周波数で呼吸を入れ込むセルフケアを試みていますが。
これが非常に気持ちよくあっという間に1時間が過ぎてしまいます。
またさらに
「なぜ今までやってこなかったのか」
と愕然とすると同時に、
非常に「面白い!」「気持ち良い!」
のです。
終えた後のカラダの状態をあえて言うならば
「細胞レベルの洗濯」と
「各周波数の煤払い」といったところでしょうか。
 
滞っている部分は、あまり自分では注目したくない部分でもありますが、
滞るには理由があり、
その理由は滞りによって違うのです。
ですからその滞りが、ある周波数で変容すると
「キンコンカンコン🔔おめでとうございます㊗」
とベルが鳴り響いているかのように嬉しくなります。
新たな滞りを探してしまうくらい・・・
 
が・・・
ある一つの周波数での滞りということはほとんど無く、
大抵は多重構造の滞りです。
チャクラ7を使えば周波数の体現は簡単なので、
7月1日には皆でこのボディワークを楽しみましょう!
 
 
 
 
 
四部医典より
 
 
 
 
山本ユキブログ「イシスの息吹」より転載