今回小用先生にお出ましをお願いしたのには、
3つの理由があります。
 
 
1つ目は、
「本当に地に足が着くとはどういうことなのかを知っていただきたい」ということ
 
ヒューマンエネルギーフィールドの再構築によって、オーラフイールドの亀裂の修復が出来ると、「いま現実を生きる」状態になります。
健康な人であればこの状態は大変好ましいのですが、「現実にここにいる事」に耐えられない状況の方もいらっしゃいます。
それは、あまりにも幼少期から亀裂のある状態が当たり前になって普段から亀裂から出入りしているのがクセになっている場合や、今でも「ここにいる」事が耐えられない状況下に置かれている場合など。
 
亀裂を作るのは実は人間の防衛反応でもあるのです。
しかし、風船に穴の開いた状態は、エネルギーの漏れた状態がずっと続くという事ですから、健全な状態にはなり得ません。
どこかで、亀裂を塞ぎエネルギーを充実させる状態を知り、人に頼らず自分で健全な状態を作っていく事が必要になるかと思います。
 
その時に、どうしても必要なことの一つが、
心の土台(器)となるカラダを充実させる事。
この世で生きることへの同意です。
所謂「地に足を着ける」
事です。
しかし、これがなかなか難しい。
 
「地に足をつける」にもランクがあります。
イメージによってのグラウンディングから小用先生の特上レベルまで。
松竹梅でしょうか、
上中下でしょうか、
ABCでしょうか。
どうせ学ぶのであれば、
梅でも下でもCでもなく、
松、上、Aを見ておけば、
今後何があっても見間違うことはない。
と思うのです。
これはエネルギーの世界でも同じですが、
人は誰しも、自分が知る世界がスタンダードだと思うので、
最高のものを知ることはクオリティライフにおいて非常に重要だと思うのです。
 
私が知る限り最高の「地に足を着ける」
状態を皆さまにご覧いただき、
体感していただきたいと思うのです。
  
 
 
 
2つ目は、
依存するのではなく自立するための「日々の鍛錬の重要性」
 
私は、重篤でない限り、基本的にヒーリングのセッションは一回で終わらせます。
後何回来てくださいとは言いません。
「あなたの滞りのない万全な状態はこのような状態です。
こうして生きることができます。
今この瞬間からこの状態を選択することができます」
という状態のご提案をヒーリングでするのです。
施術台から起き上がったときの状態を多くの方が驚かれますが、
それが本来のご自分の状態なのです。
ですから、それを忘れずにキープすれば良いのです。
  
しかし、人は長年積み上げてきた様々な癖・パターンがあるので、
意識して生きないと、
そちらに戻ってしまいがちです。
その為に、セルフケアとして小用先生のメソッドとYEメソッドは非常に役に立つのです。
もちろん私も顔を洗うように歯を磨くように日課として日々行っています。
 
 
 
 
 
3つ目は、
「心と身体とエネルギーという多様な領域で作るチームのモデルケースをみていただく」
 
今回のイベントでは期せずして、
心と身体の第一人者の方々と共に、
エネルギー領域として加わらせていただけるという、
私たちエネルギー領域を専門にして生きてきたものには、
画期的な機会です。
 
こうして身体、心、エネルギーという
異なった領域がチームを組むことによって、
多角的な変容が生まれ、
苦しんでいらっしゃる方の道が開けるものと確信しております。
 
そのモデルケースとしても、
この催しは、貴重な時間になると思います。
 
 
 
(エネルギー領域は「見えない」為に、
基準を設けることも難しく、怪しく思われたり、
悪用されてしまうこともあります。
しかし、他の領域と同じように、
自己鍛錬をし、積み上げることで確実な成果を出していかれるということ、
また、これもシステムである事は、今後も提示していきたいと思います)
 
 
 
 
 
 
 
第3部のみ、定員が半数の40人です。
お早めにお申し込みください。
第3部は、靴を脱いでのワークがあります。
ご参加の方は、靴下(足袋ソックス推奨)をご持参ください。
 
 
10月8日(祝日㊗️)
お申し込みはこちらから
https://kokucheese.com/s/event/index/535347
 
 
Konaのイルカ
 
 

山本ユキブログ「イシスの息吹」より転載
http://yukiyamamoto.hatenablog.com/entry/2018/09/10/071444