3月 7日(土)掲示板に「わら舞」とご案内しています。

  15:10〜  小用先生「地に足をつけ直す」クラス

  11:00〜  エーテル塾・医療従事者クラス合同クラスzoom配信あり

 

 

*************************************************************************

YEメソッドの2チャクラメソッドでは、

「湧いてきた感情をジャッジせずに全部並べてみて、全てに同意してあげる」

とあり、これがYEメソッドの根幹部分になります。

ここで、しっかりと同意していないとあれこれジャッジしたくなります。

ジャッジしたくなったのであれば、

それは、まだYEメソッドが足りていないという事。

ガッカリではありません、まだまだ芽吹くエネルギーの種が残っているという事です。

 

二元の世界では、

完璧な正解を出すことは不可能です。

もし、それができると思うのであれば、それは盲信です。

完全には見えないものを2つの面から見るのが二元なのです。

そして、この二元の世界でどんなに正解を出そうと戦っても、

無理じゃないかなと思うのです。

闘うのではなく、

もう半分を見つけなくては!

 

YEメソッドでは、

ジャッジしたくなるものを発見したら、

自分の中にその要素を探してみる

というアクションをとります。

「無い」はずはありません。

必ずどこかに潜んでいます。

 

そして、それが見つかたら、

「あ〜、実は私もそれある」

と素直に認めます。

(ここでしっかりと感情を感じること。

すぐに「あるある」と思考に持っていくと蓋を閉めてしまいかねません)

そして、双方の感情エネルギーを認め感じた上で、

「じゃ、どうする?」

と思考します。

ここからが3チャクラメソッドです。

 

私は、(人間とは)弱いものであり、狡いものであり、自分だけは正しいと思いたいものであり、

自分だけは得したいと思うものであり、

かつ、優しく、親切で、分かち合う精神をもった生き物で、

誰もが全ての感情を並べたこの地図?グラフ?の何処かに立っています。
そして、どこに立つかは、

教育システムや過去の精神的な学び、立場、外からの目、上掛けされたポジティブシンキング等によって

変化していきます。

 

しかし、全部広げて「あるなぁ〜」とやらないと、3チャクラメソッドは出来ません。

全部並べて「あるなぁ〜」が日常的になった時、

すでに俯瞰の領域に立っているのです。

 

不安な気持ちは、何かをジャッジすることによって解消したくなるもの。

一瞬は気持ち良くなるけれど、後からもっと気が重くなります。

だからさらにジャッジする

というハムスター循環に陥るのは勿体無い。

 

今日という日をどんな1日にするかは、

自分でデザインできるのです。

 

 

 

 

team0’s blog より転載