5月9日(土)15:10〜16:45 地に足をつけ直すは状況判断になりますのでお待ちください。

                         11:00~14:30  医療従事者・エーテル塾合同クラスは恐らくzoom配信です。

*************************************************************************

今月のクラスは、

・硬結を変容を促すセルフエネルギーワーク

・エレメンタルの二つのフェイズ(座)

・想念形態(座)

・エーテル体鍛錬

・遠隔ヒーリングⅡ

でした。

 

さて、私が定義する遠隔セッションは、

・終わった段階で、よりしっかりと足が地に着き、身体を感じる事

・自分という存在をより大きなものとして捉えられ、主訴が軽減している

という通常のセッションと同じ変容を起こせるかどうかが大切になります。

 

これを達成するには、

1 肉体・エーテル体の鍛錬

2 自己感情の統制

3 自己感情と切り離した明晰な思考(俯瞰)

そして、「器として明け渡す事が出来る事」

です。

ですから、常に皆様にお伝えしている事をしっかりと押さえていれば、

どなたでも成功すると思うのですが、

1〜3までが如何にしっかりと出来ているかが鍵になります。

 

 

シビアなことに、遠隔の場合は「自分の中で影に隠れている滞り」までしっかりと掌握し、

解放できるかどうかが非常に重要。

顕在意識には上ってくることのない、

この深部まで見る必要があります。

様々なエネルギーの流れを自らの中で止めていれば、

その部分には流れが生まれず、

よって、相手のその部分も見えず、

様々な「種類」のエネルギーや様々な「領域」にエネルギーを流せないからです。

自らの中が順調に流れてこそ、

相手の滞りがわかるのです。

 

 

遠隔の準備として、先ず

・硬結を変容を促すセルフエネルギーワーク

自分の硬結に意識を集中して

ひたすら奥に奥に奥に限りなく奥に降りていくセルフエネルギワークです。

多くは、

眠ってしまったり、

物語の中に入って、様々なヴィジョンを見たり、

気持ち良くなってそこに留まったり、

しますが、

それは硬結(鎧)の罠であり、

とにかく奥に進んでいく必要があります。

上手くいけば、

硬結は解け、今まで流れていなかったエネルギーが流れ始め、

「自分」という枠組みが外されていることに気づくでしょう。

また、このワークには、

その人がどの程度まで界層の歩みを進めているかによって、

表出するエネルギーも変わってくるので、

それをチェックするにも非常に素晴らしいワークになります。

(正解はオープンにできませんが)

これだけで数日かけてのワークショップをする価値があるほどの深い変容をもたらすワークです。

 

今回は、ここでの変化がなぜ起きたのか、

一人一人が仮説を立てる作業をしました。

仮説を立て、実証していく能力はどんな領域でも非常に大切ですので、

ここはしっかりと。

 

 

 

・遠隔ヒーリングⅡ

エーテル体鍛錬によって、それぞれが肉体・エーテル体レベルに降りてから、

それぞれがzoomのブレイクアウトルームに分かれてセッションしました。

(この機能は本当に素晴らしいですね)

 

今回の課題として浮かび上がってきたのは、

「肉体・エーテル体に居続ける集中力」です。

これがないと、

曖昧で何となく変化するだけのセッションになってしまいますので、

ここをしっかりと押さえられるように今後も鍛錬を進めていきたいと思います。

 

 

 

宿題

・太陽プラーナのエネルギーが肉体にどのように取り入れられるか(取り入れる場所などではなく)

 実際にプラーナが入って循環する様子を観察する。

・硬結を降りていくワークを自分でも行い、仮説をさらに洗練させる。

・遠隔セッションに耐え得る肉体・エーテル体作り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

***************************

 

[今後の予定・お知らせ]

 

4月以降のスケジュール

4月以降第2土曜日11時〜は、医療従事者クラスとエーテル塾合同クラスとなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

team0x’s blog より転載